家計簿ソフト

  



「家計簿をつけたいと思っても始めるきっかけがなかなか掴めない」、
「つけ始めたが長続きしない」と言った事はないでしょうか?

家計簿を長く続けるには次のポイントが重要です
①細かい点にこだわらずに、ざっくりで入力する
②記入が簡単な家計簿を準備する

この家計簿ソフトは長く続けるための
ザックリで簡単入力をご提供いたします。 このソフトはエクセルで動作しますので、あなたのPCにエクセルが入っていればすぐにお使いいただけます。
(無料の評価版がダウンロードできます)


また、ソフトはエクセルVBAを用いて作成していますのでデータ入力は直感的に行えます。キーワード検索などの入力アシストも 充実していますので エクセルの専門知識はほとんどなくてもお使いいただけます。


ぜひ、無料の評価版をダウンロードしてお試しください。
家計簿ソフト→ 
ダウンロード  (New!:2019/10/23)


ライセンスキー価格:  2,400円

◆仕訳入力時に画面トップに移動する不具合を修正しました。









ダウンロードして試してみる

無料の評価版をダウンロードして、ソフトの使い勝手をお試しください。

【動作環境の確認】
このソフトの動作には Excel が必要です。パソコンにExcelがインストールされていない場合にはお使いいただけません。



【ダウンロードしてソフトを使うまでの手順】
①評価版をダウンロードする
無料の評価版  →  ダウンロード

・圧縮ファイル(kakeibo.zip)をダウンロードします。
  パソコンのDownloadsフォルダをご確認ください。

②パソコンに、家計簿ソフト用の「フォルダ」を作成
・家計簿ソフト用に、「フォルダ(家計簿)」を作成してください。


③「フォルダ(家計簿)」で、ダウンロードしたファイルを解凍
・kakeibo.zip を「フォルダ(家計簿)」に移動してください。
・kakeibo.zip を右クリックし、一覧の「すべて展開」をクリック。
(解凍された、kakeibo  フォルダに家計簿ソフトが入っています)


④家計簿ソフトを開く
・家計簿ソフト(***.xls)をダブルクリックする。


⑤「ログイン」シートでマクロの動作を確認
・「マクロが無効」の表示がある場合は、マクロの設定  が必要です




・マクロが動作している場合は、「ログイン待ち」が表示されます。
ログインは「パスワード入力」をクリック。
パスワードに user を入力し「ログイン」をクリック。






家計簿ソフトの動きを確認する


評価用ソフトにはサンプルデータが入っていますので、サンプルで基本動作をご確認ください。

【サンプルの動作確認】
①「仕訳帳」シートを開く。
②「仕訳データ登録」をクリックする。
③ 仕訳完了で、結果に「OK」が表示されます。





ユーザ情報でカスタマイズする


家計簿の使用には、ユーザ毎のカスタマイズが必要です。

【カスタマイズが必要な項目】
・「年度データ」・「勘定科目一覧」

①「年度データ」の設定
・前年度末の、口座残高やカード支払い残高を記入します。

「年度データ」




②「勘定科目一覧」のカスタマイズ
・日常の収入や支出などから勘定科目一覧を作成します。

「勘定科目一覧」




以上でユーザ様のカスタマイズが完了です。
家計簿ソフトがご使用になれます。




簡単入力で使いやすい家計簿


ZEN企画の「管理組合の会計ソフト」をベースに「簡単入力」はそのままで、家計簿に必要な機能への絞り込みや クレジットカードの仕訳機能の追加などを行い、家計簿用への最適化を行うことで、簡単入力で使いやすい家計簿を提供しています。   評価版をダウンロードしてお試しください。


クレジットカードにも対応


独自の「クレジットカード対応機能」を追加しており、カードと支払い口座の結びつけ設定に基づき口座毎の残高計算を行いますので、カードの口座毎の支払い残高の確認も簡単に行えます。


無料の評価版で動作をご確認ください

動作確認のために、無料の評価版を用意しています。


ダウンロードしてお試しください


家計簿ソフト(評価版:試用期間のみ制限されます)
評価版は面倒な手続きなしで直接ダウンロードできます


無料の評価版  → ダウンロード<

圧縮ファイル(kakeibo.zip)でダウンロードします。
PCのDownloadsフォルダをご確認ください。


ライセンスキーで評価版の制限は解除できます。



マクロの設定はこちらをご確認ください
Excelでマクロを動作させるための設定 マクロの設定







ザックリで簡単入力

家計簿は今まで長続きしたことが無いと言う方も多いようですが、
長続きさせるには、次の2点が特に重要です。

    ① 一品ごとの金額ではなく、レシート単位で記入する
    ② 記入が簡単な家計簿を準備する

細かな点にこだわらないレシート単位のザックリ簡単に入力にすることで家計簿が長続きできます。 この家計簿ソフトでザックリで簡単入力をお試しください。


クレジットカードは利用日で記帳する

クレジットカードを利用した場合に、「利用した日付で記帳するか?」 「カードの引き落としの日付で記帳するか?」 どちらが良いのか迷うところですが、オススメは「利用日での記帳」です。

利用した日付で記帳することで、カードの利用状況の把握が簡単になり、 実際の家計の動きを反映したシンプルな家計簿が出来上がります。

難点は、カードの引き落としがずれるので「帳簿上の残金」と「実際の残金」の間に 金額の不一致が生じることですが、この家計簿ソフトでは貸借対照表に「カード引落残高確認」機能を盛り込みましたので、 カードの引き落とし残高の確認も非常に簡単に行うことができますので、安心です。



簡単入力のポイント

このソフトは「素人でも簡単に使える」をコンセプトに作成し、入力が簡単に行えるための仕組みが充実しています。


①  勘定科目が、うろ覚えでも使えます


勘定科目を空白のままダブルクリックで「勘定科目の選択画面」を表示。
該当する内容を探し「OK」をクリックで、入力が完了です。

リストから選択できるので、うろ覚えでも使えます。


勘定科目を空白でダブルクリック


「勘定科目の選択画面」から該当する内容を探して「OK」をクリック


選択した内容が、自動で記入されます





② 「キーワード検索」


銀行の預金通帳の「口座引き落としの内容を転記」するのに便利な機能。
相手先に、引き落とし先名のキーワードを入力しダブルクリックすると、
勘定科目一覧から該当項目が自動で転記されます。



相手先にキーワードを入力しダブルクリック


検索結果が、自動で記入されます





③  現金の場合も簡単に切り替え


現金で処理した場合は、区分をダブルクリックして現金に切り替えます。


区分をダブルクリックすると、区分が現金に変更し「黄色」に着色





④  入力位置の強調表示で、金額入力で迷わない


勘定科目に対応する金額入力位置の強調表示で、入力位置に迷いません。


勘定科目の登録完了で、金額入力位置が強調表示されます






クレジットカードの支払口座の登録

クレジットカードと支払口座の登録は「勘定科目一覧」シートで行います。
カード毎の支払口座の設定が可能です。

①  「勘定科目一覧」で口座とカードを登録


預金口座とカード情報の登録





カードを利用した場合の仕訳入力

カードを使った場合も、金額入力までは通常の仕訳データ入力と同じ方法で進めてください。 この入力ができた時点で、金額入力済みのセルをダブルクリックしてください。 登録済みのカードが表示されます(複数カードはダブルクリック毎に変化します)。


カードの場合の仕訳も簡単


仕訳データを入力する


金額のセルを「ダブルクリックでカードを選択」できます



注意:区分が現金になっている場合は、カードの設定はできません。




何にどれくらい使っているか? がわかる


勘定集計を確認することで、何にどれくらいの金額を使っているのかが簡単に把握できます。 各勘定科目や勘定費目の月毎の集計結果や年度の集計結果が確認できますので、 家計のウイークポイントの改善につなげてください。


勘定集計で費目毎の集計結果が確認できます


勘定集計の表示例

「長期プラン」のシミュレーションが可能

この機能は、家計簿の実績データでから長期プランをシミュレーションする機能で、累積値での結果予測だけでなく 個々の予算を変更した場合のシミュレーションも簡単にできますので、長期の家計の検討にも有効です。


シミュレーションの内容


シミュレーションの内容
①実績データをもとに長期プランを作成します。
②予算データを反映したシミュレーションも可能。
(年度ごとに予算が変化する場合も、簡単に入力して確認できます。)






仕様

動作環境 WindowsでExcelのマクロが動作する環境
ソフト Excel VBA
計算処理の方法 VBAソフト処理(Excelの表計算機能は未使用)
簿記の種類 単式簿記+複式簿記
仕訳件数 最大200件/月



帳票一覧

仕訳帳
現金出納帳 仕訳帳の現金部分を集計
一般会計元帳 仕訳帳の一般会計部分を集計
預金元帳 登録済みの口座毎の集計結果
勘定集計 勘定科目毎の集計、費目毎の集計結果
貸借対照表 家計簿の貸借対照表
長期プラン 長期プラン(12年後までの検討可能)







ご質問などは、ZEN企画にご連絡ください。
お気軽にどうぞ